DAISY図書製作支援サイト(ChattyFactory)

 

このぺージでは Chatty Library の機能を使って、ページ数の多いPDFからDAISY図書を製作する方法について説明します。すべて無償でご利用頂けます。

 

  1. Factoryメンバーとしてユーザー登録
  2. PDFの準備
  3. プロジェクトの作成
  4. 変換結果の修正
    1. テキストで修正(リフローの場合のみ)
    2. アプリ(ChattyPad)で修正(固定レイアウト・リフロー)
  5. 修正作業の管理
    1. 名前を付けてコピーを作成
    2. 条件を変えて再変換(章ごとに分割など)
    3. 複数の修正済みDAISY図書を選択して1つに纏める
  6. 完成したDAISYを Chatty Library に登録

 

1. Factoryメンバーとしてユーザー登録

 Chatty Libraryでページ数の多いDAISY図書を製作するためにはFactoryメンバーとしてユーザー登録する必要があります。Factoryメンバーになることにより、DAISY図書製作のためのプロジェクトを作成することが出来、修正する人と校正をする人が同じ本箱(ChattyBox)上で協力してDAISY図書を製作することが出来るようになります。ページ数の多いPDFを章ごとに分割して修正作業をおこない、最後に1冊に纏めることも出来ます。

 Factoryメンバーになるためには「ユーザー登録」から「Factoryユーザー」を選択して下さい。既に「一般ユーザー」などでユーザー登録済みの方は、ログイン後「マイページ」で「新規に登録したいユーザー種別を選んでください」の「Factoryユーザー」を選択することも出来ます。

 Facroryメンバーとして登録するためには、名前とメールアドレスだけでなく、住所、氏名、所属団体などの情報を記入して頂く必要があります。また、ニックネームの入力欄がありますが、これはプロジェクトの本箱でDAISY図書を作成・修正などを行った場合に作業者名の表示で使われます。本名と同じでもかまいません。

 

 Factoryメンバーの特典:一般ユーザーはPDF変換時に一度に変換できるページ数は20ページに制限されていますが、Factoryメンバーの場合は一度に50ページまで変換処理を行うことが出来ます。(但し、変換処理にはページ数に応じた時間がかかります。)

 

2. PDFの準備

 現状では、ChattyFactoryでのDAISY図書製作はPDFからスタートすることを前提としています。(将来、Textファイルだけから、或いはWordの文書からのDAISY図書製作も出来るようになる予定です。)

 Chatty LibraryでPDFをDAISYに変換するためには、適切なPDFを用意する必要があります。PDFはその生成方法によって次の2種類に大別されます。

 1. E-Born PDF --- Word, Adobe InDesign, TeX等のソフトで作成したPDF
 2. Image PDF --- 印刷された図書をスキャンした画像から作成したPDF

前者の E-Born PDFは全て変換対象としてアップロードして頂くことが出来ますが、後者のImage PDFについてはスキャニングの際に以下のような点に注意して頂く必要があります。

 ・ノイズや傾きの少ないスキャン画像を用意すること
 ・高解像度のスキャニングを行うこと

例えば手作業で本をスキャニングすると周辺に黒いノイズが入ったり、傾いたりします。 原則として、出版されている本をDAISY化するためには、あたらしく本を購入してスキャン業者に依頼するようにして下さい。その際、以下のような目安でスキャニングの解像度を指定して下さい。

 ・ルビや数式の添え字などの小さい文字を含む本の場合 --- 400DPI又は600DPI
 ・ルビなどの小さい文字を含まない本の場合 --- 300DPIも可
 (DPIはDots per inch の略で、画像の解像度の単位です)

スキャン業者では普通は図書の背表紙をカットして自動給紙によりノイズや傾きの少ない画像のPDFを作成します。また、著作権保護の観点から、スキャン業者に送った図書は返品されないことが多いので、ご注意下さい。

 

3. プロジェクトの作成

 Chatty LibraryでDAISY図書を製作するためには、DAISY化する図書毎にプロジェクトを立ち上げる必要があります。FactoryメンバーがMy本箱(ChattyBox)で「アップロード」から「変換サービス」に入り、「PDFを自動変換」を選択すると、右下の「詳細設定」の下に「プロジェクトの作成」というボタンが表示されます。これをクリックすると、

 プロジェクトのIDを設定してください。
(半角英数8桁以上16桁以下で入力してください。)

というダイアログが表示されます。ここで入力したプロジェクトIDを用いて、アップロードしたPDFのDAISY化作業を行うことになります。

 

・最初にプロジェクトを立ち上げるときは、表紙画像から目次まで位の少ないページでPDF変換をしても大丈夫です。後から本文ページの章毎のDAISY化を追加することが出来ます。

・プロジェクトを立ち上げると、ユーザーの個人のMy本箱とは別に、プロジェクト毎に専用のMy本箱(ChattyBox)が作成されます。

・ログアウト後、本人、或いは別のFactoryユーザーがプロジェクトの本箱に入るためには、ログイン時のID欄に「ユーザーIDプロジェクトID」を入力してログインして下さい。パスワードはFactoryユーザーとしての個人のパスワードで大丈夫です。例えば、Abcd0001 というユーザーIDの人が Pqrs1111 というプロジェクトIDで新しいプロジェクトを立ち上げたとします。その際、自分でプロジェクトの本箱を開くためには、ログイン画面で、ID欄に
 

Abcd0001-Pqrs1111

と入力し、自分のパスワードを入力してログインすると、プロジェクトの本箱に入ることが出来ます。別の、Xyzw0002 というユーザーIDをもったFactoryメンバーが、Pqrs1111 のプロジェクトに参加するためには、ログイン画面のID欄に
 
Xyzw0002-Pqrs1111

と入力し、自分の(Xyzw0002 さんの)パスワードでログインすると、Pqrs1111 のプロジェクトの本箱に入ることができます。

 

 プロジェクトの本箱にログインしたFactoryユーザーはこの本箱に自由にPDFをアップロードして編集することが出来ます。このプロジェクトの本箱では、1人がアップロードしたコンテンツを別のメンバーが閲覧したり修正したりすることもできます。

 

4. 変換結果の修正

 PDFをDAISYに変換するときは、固定レイアウト(QuickDAISY)とリフロー(通常のDAISY)の2種類の形式が選べます。固定レイアウトとリフローの違いについては、こちらをご覧下さい:「固定レイアウトとリフロー」

 変換結果の修正方法は、

 ・固定レイアウトの場合 --- 「アプリ(ChattyPad)で修正」のみ
 ・リフローの場合 ---「テキストで修正」と「アプリ(ChattyPad)で修正」の2種類

となります。

 本箱のDAISY図書の「操作」ボタンをクリックすると「テキストで修正」と「アプリ(CahttyPad)で修正」を選ぶことが出来ます。

(注)「テキストで修正」は、図や表が多い複雑なレイアウトの図書には向いていません。物語などの大部分がテキストの本のDAISY化に向いた修正方法です。また、読みの修正をするためには、「アプリ(ChattyPad)で修正」が必要となります。

 

4.1. テキストで修正(リフローの場合のみ)

 テキストで修正する方法には、次の2つの方法があります。

 ・テキストファイルをダウンロードし、エディタで修正後アップロードする方法
 ・WEB上でテキストを表示して直接編集する方法(ダウンロード不要)

 どちらの場合も変換結果のテキストデータはマークダウン(Mark down)という記述方法になります。テキストエディタ上での改行はDAISYでの改行とはなりません。DAISY上で改行するためには、マークダウンテキスト上で「空行」を挿入する必要があります。 また、見出し構造は行頭に「#」記号を付与して記述します。その他、表構造もテキスト形式で記述できます。マークダウンについてはWEB上に様々な解説がありますので、そちらをご覧下さい。(例:https://backlog.com/ja/blog/how-to-write-markdown/

 ルビについては、Chatty Libraryでのテキスト出力は青空文庫形式のルビ記述法を採用しています(|漢字《かんじ》という表記法)。ページ番号は教科書デジタルデータ管理機関の教科書のテキスト化で用いられている表記法を用いています。「○○ページ」の表記の後ろに等号「=」を20個書く方法で、一目でページの区切りがわかり便利だと思います。

 数式については近年オンライン教育などで利用が広がっている Ascii Math という形式で出力しています。テキストエディタで直感的にわかりやすい表記法で数式を編集できます。Ascii Math についてもWEB上に種々の解説があります。(例:https://asciimath.org/

 

4.2. アプリ(ChattyPad)で修正(固定レイアウト・リフロー)

 ChattyPadはフリーソフトで、NPOサイエンス・アクセシビリティ・ネットが開発、販売している高機能なDAISY図書製作ソフト ChattyInftyの簡易版です。ChattyInftyは高品質の音声合成エンジンAITalk5を搭載していますが、ChattyPadは Chatty Libraryにユーザー登録したのち、インターネットに接続した状態でのみ AITalkの音声が利用できます。ChattyPadによる固定レイアウトの DAISY編集方法は、本サイトのガイド(https://chattylib.com/ChattyLib_guide_ja.pdf)に説明がありますのでそちらをご覧下さい。リフロー型の DAISY製作については、ChattyInftyと操作方法は同じになっていますので、ChattyInftyのマニュアルを参考にして下さい:

https://sciaccess.net/jp/ChattyInfty3_AITalk/ChattyInfty3_AITalk_manual.pdf

 

----------------------------------------------------
 以下の機能については準備中です。
 利用可能な状態になり次第、詳しい説明を記載します。
----------------------------------------------------

 

5. 修正作業の管理

 

5.1. 名前を付けてコピーを作成

 

5.2. 条件を変えて再変換(章ごとに分割など)

 

5.3. 複数の修正済みDAISY図書を選択して1つに纏める

 

6. 完成したDAISYを Chatty Library に登録